青空を模擬するライティング技術

 
Abstract

自然現象が織りなす壮大なアート、空。無限の奥行きと広がりを感じさせる空に人は魅了され癒される。そんなアーティスティックな空を光学テクノロジーで照明機器としてリアルに再現した。

地上で空が青く見えるのはレイリー散乱という物理現象による。そのレイリー散乱を発生させる青空パネルを独自の薄型構造で実現するとともに、太陽の陽射しが差し込む様子を表現したフレームをそれに巧みに組み合わせることで、奥行き感のある青空と自然光を再現した。また、昼間の青空だけでなく朝焼けや夕焼けなどの時の移ろいを感じさせる色変化を可能とした。

青空を模擬するライティング技術は、通常のLED照明では実現できなかった、自然かつ開放感あふれる室内空間を提供し、オフィスや公共施設などの快適性向上に貢献する。

桑田 宗晴

三菱電機株式会社 先端技術総合研究所 オプトメカニズム技術部 投射技術グループマネージャー
  Short bio  

1972年京都生まれ

1994年東北大学理学部物理学第二学科卒

2010年東北大学大学院工学研究科電子工学専攻博士課程修了.博士(工学)

天体望遠鏡メーカー勤務を経て2002年三菱電機(株)入社

ディスプレイや照明機器、車載機器用光学技術の研究および,それらを活用した製品開発に従事

応用物理学会会員.応用物理学会微小光学研究会,日本光学会レーザーディスプレイ技術研究グループ,IDW PRJ workshopの委員メンバー

弁理士

技術士(応用理学部門 物理及び化学)

中小企業診断士

凸版文化事業推進本部との研究成果

 

令和 元年9月2日

 

大学記者クラブ加盟各社 在阪民放京都支局各社 御 中

 

                                          

京都大学と凸版印刷がデジタルアーカイブデータ上に

文化情報を蓄積するシステムを開発

―分野を越えた学術研究の振興や文化財鑑賞、アートイノベーションの創発に繋がる

次世代型文化情報プラットフォームの構築を推進―

 

 国立大学法人京都大学(京都府京都市、総長:山極壽一、以下 京都大学)と凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:麿秀晴、以下 凸版印刷)は、2018年度から次世代文化情報プラットフォーム構想に関する共同研究を推進しています。

 これは、屏風絵などの絵画資料をデジタルアーカイブ化すると共に、それを研究者や一般の人々が共有し、文化情報を蓄積していくことを可能にするオンライン・フィールドワーク・システムを開発しようとするものです。国宝「洛中洛外図屛風(舟木本)」(以下 舟木本)(※1)を具体的な対象としてシステムの詳細仕様を決定しシステムを開発すると共に、開発したシステムを2019年9月2日(月)から9月4日(水)まで「第25回ICOM(国際博物館会議)京都大会2019」にて開催されるミュージアム・フェアにて公開します。ICOMでは学術論文発表が開催され、私たちもCIDOC委員会に投稿して論文が受理されました。論文を添付します(PDF

 今後、同システムの開発と活用を通じて、分野を越えた学術研究の振興や文化財鑑賞、アートイノベーションの創発に繋がる次世代型の文化情報プラットフォームの実現を目指します。

「オンライン・フィールドワーク・システム」概念図

 

 国宝「洛中洛外図屛風(舟木本)」(東京国立博物館所蔵)をテーマにしたオンライン・フィールドワーク・システムについて

 

 江戸初期に描かれた舟木本には、清水寺などの名所や小袖屋などの店の他、2700人を超える人々が精緻に描かれています。 これらの人々の服装・動作などや人々を取り巻く建物などの情報をシステムに埋め込み人々に提示することにより、舟木本が描かれた江戸初期の京都の様子特に風俗を知ることが可能となります。

 本研究では、凸版印刷の技術により高精細デジタル化された舟木本に埋め込むべき情報の内容とそれをどのような形で提示するかというシステム仕様がプロジェクト成功のカギとなります。そのため本研究では、土佐尚子総合生存学館特定教授を委員長とし長尾眞京都大学名誉教授を代表顧問とするプロジェクト推進委員会を立ち上げ、委員会のもとで京都大学総合生存学館、京都大学総合博物館さらには京都精華大学の研究者・学生が中心となって共同研究を推進しました。

 京都大学総合生存学館は、プロジェクト全体を推進すると共にシステム全体の構造やインタラクションの詳細などを検討し、システムの詳細仕様を決める研究を行いました。京都大学総合図書館は、同図書館の有する歴史文化書籍などを活用し、舟木本に描かれている人物・名所・建築物に関する情報を特定すると共に、描画情報との紐付けの研究を行いました。京都精華大学には、当時と現代を比較するため現代の人々や行事などを漫画化して提供して頂きました。さらに、京都の社寺や伝統工芸などの有識者や関係者を対象にインタビューを実施し、個人の解釈や見解などの多様な主観的情報の埋込みを行いました。また凸版印刷は、同社の有する高精細デジタル技術を活用してデジタル版舟木本を製作すると共に、上記の情報を埋め込み提示するためのシステム開発を行いました。

 これらの多彩なグループの密な共同研究により、短期間にシステムの開発と舟木本を対象としたコンテンツの制作に至ったものです。

システムイメージ (左)情報タグ入力システム、(右)埋め込まれた多様な情報タグ

 

※1 国宝「洛中洛外図屛風(舟木本)」

京都の町並み、季節の風物や行事を俯瞰して描いた「洛中洛外図」は、室町時代から江戸時代にかけて数多く描かれた題材です。その中でも、人物表現で異彩を放つのが、岩佐又兵衛が描いた通称「舟木本」です。又兵衛が想像を交えて描いた京都には、力がものを言う戦国時代から法が定める江戸時代へと移り変わる瞬間が切り取られています。

 

 25ICOM(国際博物館会議)京都大会2019への出展について

 世界中の博物館関係者が集う第25回ICOM(国際博物館会議)京都大会2019において本システムを展示することにより、舟木本に代表される日本の歴史文化情報を一般人や海外の人にもわかりやすく提示することを狙います。

 

展示場所:「第25回ICOM(国際博物館会議)京都大会2019」 イベントホールE16

       (国立京都国際会館[京都市左京区岩倉大鷺町422番地])

展示期間:2019年9月2日(月)12:30~18:00

     2019年9月3日(火)~ 9月4日(水)9:00~18:00

 

「第25回ICOM(国際博物館会議)京都大会2019」について

    会場:国立京都国際会館(京都市左京区岩倉大鷺町422番地)

    会期:2019年9月1日(日)~9月7日(土)

 

本件問い合わせ先:

 

京都大学大学院総合生存学館・凸版印刷アートイノベーション産学共同講座教授 土佐尚子

Tel: 075-762-2108

e-mail: tosa.naoko.5c@kyoto-u.ac.jp

 

凸版印刷株式会社広報本部

Tel: 03-3835-5636  Fax: 03-3837-7675