Trip

Summary

音楽 大野 泰夫

 人の潜在意識に残像として脳裏に焼き付くインパクトのある映像、日常的に人々が張り詰めたネジを緩ませてリラックスさせることがコンセプトである。私は、この作品で独自の映像編集のリズムを掴むことができた。形態、色彩をメタモルフォーズし、変幻する画像に極めて強い緊迫感を持たせている。ビデオ技術と創作の折り合いが考えていた以上にうまくできたケースである。


Award

1985

SCAN ’85 Autumn(ヴィデオギャラリーSCAN東京)

2nd インターナショナル ビエンナーレ ビデオCD’85(ユーゴスラビア リュビャナ)

NICOGRAPH’85(池袋サンシャインシティカルチャーホール)

1986

NCGA ’86 インディペンデントアーティスト部門3位(米国カリフォルニア州アナハイム

SIGGRAPH ’86 Animation Screening 部門 入賞(米国テキサス州ダラス)

国際ハイ・テクノロジーアート展(池袋サンシャインシティカルチャーホール)

日本映像フェスティバル特別賞(東京)

1987

アメリカンフィルム&ビデオフェスティバル ビデオアート部門2位(ニューヨーク)

The 21st Annual New York Film, Video Exprosition入賞(ニューヨーク メトロポリタン美術館)

サンフランシスコ インターナショナルフィルムフェスティバル

“Golden Gate awards” 入賞(米国サンフランシスコ)

ビデオカルチャーカナダ ’87 入賞(カナダトロント)


Exhibition

所蔵、常設館
作家蔵
O美術館
日本フィルムカルチャーセンター
富山県立近代美術館
名古屋市美術館
American Film Association N.Y.