いとおかし


題名の「いとおかし」というタイトルは、平安時代に書かれた『枕草子』などに用いられている古語「いとをかし」を、京都で創業から100余年有職儀式典礼にもとづく婚礼菓子、茶席菓子を作っていた有職菓子御調進所 老松さんのご主人と数々の京菓子のとコラボレーションということで「をかし」を「お菓子」に掛けた造語である。欧米のお菓子を使った映画であるティムバートン監督の「チャーリーとチョコレート工場」があるが、京菓子の日本的なしみじみとした情緒ときめ細やかな感性を対比させた。老松のゼリーで雅な着物を作り、源平合戦で平家が落ちぶれて行く様をユーモアを含めて、表現している。