Highlights

土佐尚子特定教授の講義が『もっと!京大変人講座(三笠書房)』に掲載されました。

『もっと!京大変人講座』
酒井 敏 (著), 市岡 孝朗 (著), 伊勢田 哲治 (著), 土佐 尚子 (著), 嶺重 慎 (著), 富田 直秀 (著), 越前屋 俵太 (著)


出版社: 三笠書房
ISBN: 978-4837928232
単行本: 272ページ
言語: 日本語

概要:
京大変人講座とは京都大学で実際に開講している講座で、様々な先生がそれぞれの研究分野を、より身近に楽しく伝える公開講義です。この講座の中で土佐先生は、アート&テクノロジーの分野について自らの経験を通して感じた、まだ皆さんの知らないイノベーティブなアートの面白さと可能性ついて話されています。ぜひご覧ください。

目次:
はじめに ようこそ! 京大変人講座へ!
<熱帯生態学の教室> アリ社会の仁義なき掟 市岡孝朗(人間・環境学研究科 教授)
<科学哲学の教室> 曖昧という真実 伊勢田哲治(文学研究科 准教授)
<アート&テクノロジー学の教室> アートはサイエンスだ! 土佐尚子(大学院 総合生存学館 アートイノベーション産学共同教授)
コラム 京大における「変人」とは? <前編>
<宇宙物理学の教室> そうだ! 宇宙に行こう! 嶺重慎(理学研究科 教授 宇宙総合学研究ユニット長)
「できない」から「できる」んだ 富田直秀(大学院 工学研究科 教授)
コラム 京大における「変人」とは? <後編>


土佐尚子特定教授の取材記事が『日経デザイン3月号』に掲載されています。

アートイノベーション産学共同講座について、土佐尚子特定教授の取材記事が『日経デザイン3月号』の14、15ページに「凸版印刷と京都大学、アートの視点でイノベーション推進」という見出しで掲載されました。

日経クロストレンドのサイト
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/watch/00013/00893/?i_cid=nbpnxr_index

凸版印刷の先端表現技術開発本部長の鈴木高志氏(左)と
京都大学大学院総合生存学館特定教授の土佐尚子氏

 

Midnight Moment: Naoko Tosa, Sound of Ikebana (Spring) April 1, 2017 – April 30, 2017 every night from 11:57pm-midnight in partnership with the Japan Society Gallery, Times Square Arts presents artist and 2016 Japan Cultural Envoy Naoko Tosa’s Sound of Ikebana (Spring) on Times Square’s electronic billboards from 11:57 pm to midnight every night in April. This project is a part of Midnight Moment, a monthly presentation by The Times Square Advertising Coalition (TSAC) and Times Square Arts. Propelled by sound, elegant splashes of color fly in slow motion across a dark screen. Part of a four-video art series designed to express Japan’s four seasons, Sound of Ikebana (Spring) uses the unpredictable natural phenomena of sound vibrations and colorful paint of different consistencies to create intriguing and mesmeric shapes that evoke the art of ikebana –Japanese flower arrangement based around asymmetrical triangular forms. The colors are inspired both by spring images such as apricot flowers and cherry blossoms, as well as the white and gold of the Japanese New Year. Tosa’s slow-motion liquid – filmed at 2000 frames per second – blends artistic traditions with cutting-edge technology and organic designs, inviting audiences to a contemplative visual connection with traditional Japanese culture and its history.

Next Exhibition / Event

→ Calender

 


Topics


Published Books